Site Overlay

AMP Conf 2019のYoutubeを見て防備録的メモ-3

AMP Conf 2019のYoutubeを見て内容を忘れないようにメモ。そして1日じゃどうやら見終える事はできなさそうなので分けてと2日目。と思ったら2日目内容濃すぎて3時間で限界、もう眠いんです訳あって。

まずはAMPとはなにか?

AMP(Accelerated Mobile Pages)とはGoogleとTwitter共同開発の、モバイル端末でWebページを高速表示するためのPJ、またはそのためのフレームワーク(AMP HTML)のこと、らしいです

AMP Confとは何か?

開発者の開発者による開発者のための AMP の技術祭典のこと、らしいです。

https://amp.dev/events/amp-conf-2019?referrer=ampproject.org

羅列型メモ書き

Google AMP
コンテンツエコシステムについて

Q1.GoogleはAMPを捨てる可能性はあるか
テクニカルリーダーさん曰く、ソフトに永久なものは無い
AMPにはセーフガードはあるが、Googleがポシャっても大丈夫なようにAMPはなっている
なのでGoogleがAMPは蹴ってもAMPは残る
AMPCacheはドキュメントに紐付いているのでDBを用意する必要はない
URLスペースで存在し続ける
AMPには彼らの時間をかなり割いている
Googleサーチが一番の彼らのアレであり、そのための投資を一番行っている

Q2.Mozillaがいっているサインドエクスチェンジのセキュリティの問題はあるのか?
いろんなチームで対応している。PrivacyやPerformanceも考えている。
全部がスムーズに進んでいて、問題はあるが楽観的に見ている

Q3.Googleはどのような開発を今行っていますか?
色々やってる。
Lighthouseも頑張ってる。頑張れ!
AMPからもアイデアをもらって他の改善に活かしている。

Q4.AMPのページはデスクトップ検索でいつでるようになるか?
色々難しい。
ただ見栄えは良いのでいつかでるんでない?

Q5.OpenWebでのChromeの役割
ユーザーとコンテンツクリエイターを結びつけるために注意深く進めている
Chromeとしてはテスラのような事例をあげて、エンゲージしているらしい何が?

Q6.AMPとGoogleNewsの関係
モバイルバージョンのGoogleNewsはAMPを推奨している
GoogleNewsという商品の中でAMPは重要である
3年後の柱としてAMPは入っている

Q7.WEB及びコンテンツのエクスペリエンスは今後どうなるか
サイトからサイトへナビするのをもっとインテグレート、ウェブスタンダードを上げていくAMP以上のことをやっていかないといけないというのをゴールとして2,3年以内にヤラないといけないと考えている
AMPStoryは携帯向けにのみに向けて考えられたものなので…とにかくこれからはポートレートモードがコンテンツの一番の配信の一番のものになるということが…他にも色々出てくるだろうし、いろんな人々のフィードバックを受け入れる
早いサーチも必要だが、コンテンツサーチはクローズド…?
UXを考えるとサイトを素晴らしいものに作るとユーザーはWEBが早いかどうかで印象を決めるので、ユーザーのフラストレーションを解消することをやっていかないといけない

携帯が一番の端末となっているので、その中で色々考えないといけない
ゲームやサイトの閲覧、電話について。電話がWEBをナビゲートするツールとなっている
ゲームと電話が同一のあれのうえにある?
色々なユーザーの期待とインターフェースについて色々やっていかないといけない

Q8.あなたは今一番ワクワクしていることは
AMPscriptです。AMPにとって大きな変化である。これが今後AMPにどう影響を与えているのか。BentoAMPも面白い。成功するProjectだと思う。
デベロッパーは色々早く表示をするための努力をしている。それについて色々な情報がSNSで出ている。それにワクワクしている。
AMPStoryも面白い。若いユーザーに話を聞くと、彼らのものの味方、もっとビジュアル思考。AMPもそういう所で貢献しているということについては期待をしている。新しいUXの機会が出来るであろう特にECサイトで。

——————————————————————————————

AMP for E-Mail
既存のものより数値は上がっている

E-mail Eco System
Delivery→Testing→Clientという流れがある
いろんなサービスがそろそろリリースされる。
それを使えばダイナミックなメールにすることができる。
AMP for Emailを使うことでダイナミックなものにすることができる。
https://developers.google.com/gmail/ampemail/
https://amp.dev/about/email

AMP Playgroud → AMP for Email → まーくあっぷ…パスしようか
最後、頑張ってください笑

——————————————————————————————

AMPキャッシュがどうサインドエクスチェンジを使っているか
朝イチで聞けるレベルではない。難しいやパス。
Yahooさんのセッションまってました。あれ多分一度見てるこれは。

——————————————————————————————

DECREASING LOAD TIMES ON OUR MONEW PAGES:
WE MOBED OUR TRANSACTIONAL PAGET TO AMP

——————————————————————————————

AMPを使いながらPWAって当たり前だよねっていうのが面白い
AMPを使えば簡単にPWAも作れるよねってこと

——————————————————————————————

Building AMP-first Sites, the WordPress Way
CMSの世界シェア60%で、世界のサイトの3割がWordPressのものである。

Nativeモード
Transitionalモード
Readerモード

後半眠気との戦いによる諦めモード
もちっち暇な時に見よう。